近鉄百貨店 MEERTの特別チョコレート近鉄百貨店

MEERTの特別チョコレート
Laxury chocolate brands
  • アイテム画像
  • フランス老舗パティスリー
    「Meert(メール)」から、
    特別なお菓子を。

  • アイテム画像
  • 画像1
    • パリの北駅からフランスが誇る
      新幹線TGVに乗って250キロ。

      到着したのは華麗なる歴史にはぐくまれ、美しい町並みが残る
      北フランスの古都リール。
      リールにきたらお茶をしたい老舗パティスリー「Meert」。
      街の人々に昔から愛されてきたMeertの魅力をご紹介します。

    • 画像2
    • 画像3

Heart

GAUFRE

〜創業から今も人気のパティスリー〜
Meertの歴史は名物菓子ゴーフル

  • Meertの歴史は1761年から。

    おしゃれな店が立ち並ぶ中、思わず足を止めたくなる構えの店があります。
    250年以上の歴史を誇るリールの老舗パティスリー「Meert」本店です。
    Delcourtという名の菓子職人が現在の場所に菓子店を開き、その後Modo de Rollezというアイスクリームを得意とする職人に受け継がれ、18世紀のリールに「スイーツ革命」を巻き起こしたのだとか。

    1849年に、経営者のMichael Paulus Gislinus Meertというベルギー人が、この地域の代表的菓子でもあるゴーフル(gaufre、ワッフル)を売り出します。
    彼は植民地でさとうきび、ココア、コーヒー、ヴァニラなどの農園も経営していた実業家でした。

  • 画像4
  • 画像5
    • このゴーフルは焼いた薄手の皮の間にマダガスカルのヴァニラを使ったバタークリームをはさんだもので、その味はシャルル・ド・ゴール元大統領をはじめとする多くの著名人やヨーロッパの王族を虜にしました。
      シャルル・ド・ゴール氏はリールの「Meert」からパリのエリゼ宮へゴーフルを取り寄せていたそうです。
      現在の店名「Meert」は、勿論この名物菓子の考案者の名前から来ているのです。

    • 画像6
    • 画像7
  • 「Meert」はフランス語式に最後のTを落として「メール」と読みます。
    地元の人はフランス語で「母」を意味する「mere(メール)」と同じように
    発音するのだそう。
    「Meert」はリールの人にとって母のような存在の菓子店のようです。

  • 画像8

    現在の社長
    「ティエリー・ランドロン氏」


Heart

CHOCOLATE

Meertからのチョコレートをご紹介。

  • 画像バッグ
  • イメージ画像
  • 商品名:〈MEERT〉ショコラアソート

    プラリネアーモンドやお米のパフをブラック・ミルク・ホワイトの3種のチョコレートとあわせた「グリオッタン」はチョコレートに合わせてピスタチオやオレンジピールなども混ぜ込みそれぞれのアクセントをお楽しみ頂けます。
    チョコレートを薄くのばした「チュイル」は小さく刻んだアーモンドとオレンジの風味がさわやかな味わいです。

  • 画像ボックス
  • 価格:3,780円(税込)

    内容量:チュイル(ブラック・ミルク・ホワイト)各2枚、グリオッタン(ブラック・ミルク・ホワイト)各2個

  • 枠飾り左上
  • 枠飾り右上
  • 枠飾り左下
  • 枠飾り右下