店頭お受取りグルメ 赤福 朔日餅(ついたちもち)

ゲスト様

カタログの番号で検索する方法はこちら

KIPSクレジットカードで10,000円(税込)以上お買いあげの方に、抽選でKIPSポイントプレゼント!

店頭お受取りグルメ 赤福 朔日餅(ついたちもち)

店頭お受取りグルメ 赤福 朔日餅(ついたちもち)

八月 八朔粟餅

承り
期間

7月1日(月)午前10時 7月20日(土)午後8時30分

※数に限りがございます。ご予約承り期間中でも予定数に達し次第、受付終了とさせていただきます。

お受取り
期間

8月1日(木)午前11時 午後7時

お受取り場所

あべのハルカス近鉄本店ウイング館地2階 北東口 特設お渡し場所

近鉄百貨店四日市店1階 ふれあいモール 特設売り場

豊穣の祈り 八朔参宮の風習を味わう

「八朔」(はっさく)とは、旧暦八月朔日(ついたち)のこと。 そして古来、新穀を贈答して祝う習わしです。
稲(田の実)を祝い、頼みごとをしたので、「たのもの節句」とも呼ばれました。
今日のお中元のはじまりとも言われております。
古く伊勢では五穀のうち、米や粟のお初穂を神前にお供えし豊穣を祈りました。 また、「朔日参り」の中でも八月一日は特に「八朔参宮」と呼び、 参拝者も多く、あわ餅を食べる習わしです。 このような風習を受け継ぎ、毎年八朔のあわ餅をつくってまいりました。
粒を残して作ったあわ餅に、昔ながらの黒糖味の餡をのせたものです。 粟の粒感と黒糖の風味をお楽しみください。

赤福 朔日餅「八月 八朔粟餅」の伊勢千代紙
伊勢千代紙の絵について

夏の風物詩「麦わら」を徳力富吉郎先生に版画千代紙に製作して戴きました。麦わら帽、虫籠、虫送り、お盆の迎火、送火、みな昔は麦わらを用いました。夏はお茶碗、湯呑の雑器まで「麦わら手」と云われる図柄のものを喜んで使用したものでございます。※8月1日の伊勢千代紙での包装は化粧箱のみとなります。

八月 八朔粟餅の商品一覧

朔日餅ついたちもちについて

伊勢には、毎月一日に普段より早く起きて、伊勢神宮へお参りする「朔日(ついたち)参り」というならわしが残っています。無事に過ごせた一ヶ月を感謝し、また新しい月の無事を願ってお祈りします。 赤福本店では、お正月を除く毎月一日に「朔日餅」を用意し、朔日参りのお客様をお迎えしてます。

  • 赤福 朔日餅「二月 立春大吉餅」

    二月 立春大吉餅一年の邪気を打ちはらう
    豆大福

  • 赤福 朔日餅「三月 よもぎ餅」

    三月 よもぎ餅よもぎの色と香りを楽しむ
    上巳の節句

  • 赤福 朔日餅「四月 さくら餅」

    四月 さくら餅春の気ただよう
    ほのかな桜色

  • 赤福 朔日餅「五月 かしわ餅」

    五月 かしわ餅子々孫々の繁栄を祈る
    かしわ餅

  • 赤福 朔日餅「六月 麦手餅」

    六月 麦手餅麦秋の豊作感謝の麦手餅

  • 赤福 朔日餅「七月 笹わらび餅」

    七月 笹わらび餅笹の葉で包んだ
    さわやかな涼味

  • 赤福 朔日餅「八月 八朔粟餅」

    八月 八朔粟餅豊穣の祈り
    八朔参宮の風習を味わう

  • 赤福 朔日餅「九月 萩の餅」

    九月 萩の餅収穫のよろこびを祝う
    馴染みの深いおはぎ

  • 赤福 朔日餅「十月 栗餅」

    十月 栗餅重陽の節句

  • 赤福 朔日餅「十一月 ゑびす餅」

    十一月 ゑびす餅商売繁盛を願う
    打ち出の小槌

  • 赤福 朔日餅「十二月 雪餅」

    十二月 雪餅大雪の雪化粧

販売中の
朔日餅
今月の赤福 朔日餅「八月 八朔粟餅」

八月 八朔粟餅

豊穣の祈り 八朔参宮の風習を味わう

承り
期間

7月1日(月)午前10時 7月20日(土)午後8時30分