近鉄百貨店 近鉄沿線特集「大和路ショップ」近鉄百貨店

近鉄沿線特集「大和路ショップ」

奈良ならではの逸品、集めました。

    • 01a
    • 若い蔵人たちが
      「王道」を醸す
    • 世界最古の社であり、酒神でもある大神神社のお膝元。古代よりの酒の聖地と伝わる三輪で、350年以上の歴史を誇る老舗蔵である。その蔵元は今西将之さん。急逝した父に代わって蔵を継いだのはまだ28歳の頃のこと。それからわずか5年で設備も人も蔵も刷新、一気に全国新酒鑑評会、金賞連続受賞蔵に躍り出た。ただ今、全国の日本酒ファンから熱い注目を浴びながら、平均年齢28歳の蔵人たちと、目指す「王道」をひたすらに醸している。

    • 01b
    • 01c
    • 〈今西酒造〉三諸杉 袋搾り 大吟醸
    • 〈今西酒造〉
      三諸杉 袋搾り 大吟醸

      伝統の技術を駆使し真心をこめて醸した「もろみ」を袋に入れ吊るすことによって自然に滴り落ちるしずくだけを瓶詰めした大吟醸です。

    • ご購入はこちら

      矢印

    • ブランド詳細はこちら

      矢印

    • 02a
    • 手造りにこだわり
      名も実もある名蔵
    • 純米にこだわる。手造りにこだわる。醸す酒の8割が純米酒以上の特定銘酒である。まだ普通酒が一般的だった昭和40年代から「酒本来の姿」である純米で醸し、おそらく西日本で一番早く純米酒を市販化したのもこの蔵である。「現代の名工」に輝く藤沢忠治杜氏流の真摯な酒造りが蔵の身上。全国新酒鑑評会で通算12回、金賞の誉れがその実力を物語る。奈良の酒蔵で清酒造りの最大手。名も実もある名蔵である。

    • 02b
    • 02c

食品

    • 03a
    • 果物のおいしさを
      ぎゅっと凝縮
    • 堀内果実園は、西吉野に農園が広がっており、堀内俊孝さんは、6代目の当主である。種なし柿や富有柿といった柿をメインに、梅、ブルーベリーなどを栽培している。できるだけ安全な食材を届けたいとの思いから、農薬を減らした特別栽培に取り組み、木材チップや牛糞などを用いた土作りに励んでいる。そのため、園内の土はやわらかく、多くの微生物が共存することで、豊かな養分を作物に供給しているのだ。

    • 03b
    • 03c
    • 04a
    • 蜂の巣から食卓へ
      自然なおいしさ
    • 「室生で採れたはちみつに出会って、風味の豊かさに心を動かされました」というのは、『ふくさきわう』の代表、的場ふくさんだ。原安則さんをはじめとする養蜂家ののはちみつに、プロデュースして販売している。 「はちみつは、その土地の自然が凝縮されたもの」と言うように、花の種類、採蜜する土地、年月によって、大きく味が変わる。本来のおいしさを味わってもらうため、不純物を取り除くだけで、そのまま詰めているからこそ、風味も栄養も豊かだ。

    • 04b
    • 04c