近鉄百貨店 奈良のおみやげ かわいい奈良のおみやげ近鉄百貨店

奈良のおみやげ かわいい奈良のおみやげ

かわいい奈良のおみやげ

奈良名物大集合!ほっこり和む創作上生菓子

鹿、大仏、柿、金魚など、奈良の名物がチャーミングなキャラクターに変身して、練り切り製の創作上生菓子に。一つ一つの微笑ましい表情と、まったり優しく余韻を残すあんこの甘さに、奈良を感じるお茶の時間がほっこりと和みます。「御菓子処美松」は、奈良県橿原市で、三代続く老舗菓子店。伝統の味を守りながらも、新たなお菓子作りに挑戦し続け、70年に渡り地元で愛されています。

古都 奈良めぐり/御菓子処美松

HAPPYに夏を過ごす、季節限定の創作上生菓子

サンサンとふりそそぐ太陽のまぶしい光のように、笑顔をもたらし気持ちを元気にしてくれる、海の仲間や夏の風物をモチーフにした上生菓子。さらには、海中から現れ、豊作や疫病を予言し、姿を書き写せば難を逃れると伝えられる妖怪「アマビエ」の姿も。健康にHAPPYに、夏を過ごせるようにと、願いが込められています。奈良県橿原市で三代続く老舗菓子店「御菓子処美松」の練り切りは、まったり優しく甘い余韻を残し、日本茶だけでなくコーヒーにもよく合います。夏はよく冷やした麦茶などと合わせても。子どもたちも喜ぶ愛らしいお菓子。家族の集まりや、夏のギフトにもぴったりです。奈良名物が描かれた包み紙にブルーのリボンがかけられた姿もステキ。贈った方も贈られた方も、思わず笑顔がこぼれるでしょう。

HAPPY SUMMER/御菓子処美松

大切な人と食べたい、進化系レモンケーキ

待ち遠しい週末に思いを馳せながら、もちろん楽しい週末のおやつに。「週末に大切な人と食べるケーキ」という意味を持つフランスの伝統菓子「ウィークエンドシトロン」を、レモンの形にアレンジした焼き菓子。地中海レモンの果汁と四つ葉バターを贅沢に使い、中身はしっとり、表面はさっくりと焼き上げた生地に、レモンが香るホワイトチョコレートをコーティング。ピスタチオとフランボワーズをのせて、彩りも愛らしく。個包装の袋も箱も、京都で活躍するsubikiawa食器店によるデザイン。添加物は使用せず、製造日から1ヶ月日持ちがするのも、嬉しいポイント。おやつの時間も、おもたせにしても、誰もが喜ぶすてきなお菓子。奈良県・上牧町の写真館+カフェ「ナナツモリ」店前にある菓子店「okashiya kiiro」の、パティシエの手作りです。

週末シトロンBOX/ナナツモリ

「しかじか」は、奈良で300年続く中川政七商店が手がける、土産菓子ブランド。

奈良を象徴する鹿をモチーフに、奈良の食材を使ったお菓子が作られています。「しかじか 米こがし」は、約1200頭の鹿が生息する奈良公園の風景を、そのまま持ち帰ってきたような楽しいお菓子。のびのびと公園を行き交う鹿が描かれた箱の中には、小袋が4つ。封を開けると、“鹿ぎっしり”を表現した、鹿型のスナックが入っています。スナックの生地には、古代人が食べていた、栄養豊富な奈良県産の赤米を練り込み、丁寧にロースト。香ばしく、ポリポリ、カリカリと歯切れのいい食感を味わえます。味は、関西らしい味付けを感じられる「だし醤油」、奈良の自然豊かな茶畑で育てられた煎茶をまぶした「大和茶」、千年前の和製チーズといわれる"蘇"をイメージした「古代チーズ」が。愛らしく、食べやすく、シェアしやすく、老若男女問わず喜ばれる奈良みやげです。

しかじか 米こがし/中川政七商店

中川政七商店が手がける、牡鹿と雌鹿の型抜きバウムクーヘン。

「しかじか」は、奈良で300年続く中川政七商店が手がける、土産菓子ブランド。奈良を象徴する鹿をモチーフに、奈良の食材を使ったお菓子が作られています。「しかじか 型抜きバウム さくら味」は、横長の箱の中に、小箱が二つ。一つの箱には、立派な角をたずさえた牡鹿、もう一つの箱には、穏やかな表情の雌鹿のイラストが。その箱を開くと、中には牡鹿と雌鹿を描いた四角いバウムクーヘンが一つずつ入っています。それぞれ、鹿の形に型抜きされているので、そっと抜き取り、牡鹿と雌鹿を向かい合わせてお皿に盛り付けてはいかがでしょう。鹿の形の美しさも楽しめ、抜き取ったあとの外側も、もちろんおいしくいただけます。しっとりと焼き上げられた生地は、表面を覆う、サクサクとした食感のフォンダンと溶け合って、甘く優しい風味に。

しかじか 型抜きバウム さくら味/中川政七商店

ラムネ×チョコレートのポリポリ新食感!

ラムネ菓子は、レモネードドリンクが形を変えて生まれたと言われる、日本発祥のお菓子。そんな、日本独自のお菓子を作り続ける老舗ラムネ屋のラムネを、奈良にゆかりのある素材などを使った様々なフレーバーチョコレートでコーティング。lili-chocone(リリショコネ)の一番外側は糖衣で包んであるので夏場でも溶けることなく安心ポリポリとした食感のラムネとチョコレートのこれまでにない意外な組み合わせを楽しめます。キューブ型のパッケージには、奈良の名所や日本の文化をモチーフにしたデザイン。おいしさ、珍しさ、愛らしさがあいまって、おみやげに手渡せば、パッとその場に花が咲きます。

リリオンテ/ケーツーコミュニケーション

奈良の自然の恵みに彩られた優しい味の飴

奈良の伝統的な大和野菜や、名産品、自然の恵みで作られる、優しい味の飴。カブの一種「片平あかね」、生薬として知られる和のハーブ「大和とうき」など、素材について知るのも楽しい。全て職人の手作りで、砂糖と水飴を煮詰めて自然の素材を加えていきます。飴の色が淡いのは、合成着色料を使っていない証。体に優しく安心して味わえます。まるく白い線が入った飴そのものの形は、奈良時代に伝わったと言われる遊び「蹴鞠」のための遊具「手毬」をイメージしています。瓶に飴が入った様子や、ラベルやパッケージのデザインもひときわ目をひく愛らしいもの。奈良にゆかりのあるモチーフが色とりどりに描かれています。ひと瓶に小粒の飴が詰まっているので、職場や大勢が集まる場へのおみやげにも適しています。

ならBonbon/ドネードゥガトー

マカロン+エクレアの新感覚スイーツ

エクレア生地に、たっぷりのカスタードクリーム薄いチョコレートそれぞれの味のクリーム、一番上に色とりどりのマカロン生地をのせた、スーリールダンジュオリジナルの新しいスイーツ。オレンジ色がキャラメルサレ、紫色がカシス、ピンク色がフレーズ、茶色がショコラ、緑色がテベールと、5種類の味の詰め合わせ。それぞれ色鮮やかで、箱を開いたときに「わあっ」と気持ちが高ぶります。冷凍品として届くので、半解凍すればアイス感覚でも楽しめます。

エクレール(5個セット)/スーリールダンジュ本店

さっくり、しっとり、口溶けのいいマカロン

外側のマカロン生地はさっくり、中のクリームはしっとり柔らか。食べごたえたっぷりの本格的なマカロン。色鮮やかでお茶の時間も華やかに
Aタイプ:フランボワーズ ヴァニーュ カプチーノ ピスターシュ マロン
Bタイプ:カシス アーモンド テ ヴェール(抹茶) ローズ シトロン(レモン)
Cタイプ:フレーズ(いちご) ショコラ ゆず キャラメルサレ セザム(黒ごま)
と、色も味もバラエティ豊か。

マカロン/スーリールダンジュ本店

甘い宝石!ボンボンショコラの詰め合わせ

一粒ごと、味わいや食感が異なる、ボンボンショコラの詰め合わせ。宝石のような美しいデザインがほどこされ、目で見て、口で味わい、贅沢な気持ちに。コーヒー、紅茶はもちろんのこと、洋酒に合わせても楽しめます

コフレショコラ/スーリールダンジュ本店

明日香村で採れた宝石のようないちごが飴に

糖度が高くほんのり酸味もあって、通常より粒が大きなことでも知られる「あすかルビー」は、奈良で生まれたブランドいちご。宝石のような光沢があることからその名前がつけられました。明日香村・尾上農園の尾上さんが丁寧に心を込めて育てた「あすかルビー」を、大正時代創業の老舗・徳星醤油醸造場がぎゅっと絞ってペースト状にし、それから飴工場で加工されるいちごの飴。甘酸っぱくて爽やかで、いちごの形のパッケージも愛らしい。中には個包装の飴が10粒入っており、子どもたちや、職場へのちょっとしたおみやげにも喜ばれます。

あすかルビーのあめ/ふるさと明日香

1200年前の製法を守る無農薬・自然栽培の大和茶

標高200?600メートルで寒暖差が大きく、朝霧がたつこともある大和郡山の大和高原で、1200年前と同じ方法にこだわり、無農薬・自然栽培大和茶を作る「健一自然農園」。縄文人が暮らし、かつて都が栄えたこともある土地の、力強い土壌で育ったお茶は、香りがよくそれぞれに個性があり、心身ともにほっこり癒されます。日本の緑茶用の品種を紅茶に製茶した「初摘み和紅茶」は、渋みやえぐみが少なく新鮮で飲みやすいのが特徴。緑茶に抹茶と玄米をブレンドした「抹茶入玄米茶」は、しっかりとしたコクがあり、昔懐かしい香り。日本の緑茶用の品種を烏龍茶に製茶した「初摘み烏龍茶」は、ペットボトルの烏龍茶とは異なる、花のような芳しい香り。どれも、お湯でも水出しでもおいしく味わえます。また、鹿や蝶が描かれたお茶缶のデザインも愛らしく、きっちりとしたお礼や贈り物としても喜ばれます。

naradewaシリーズ初摘み和紅茶/健一自然農園

naradewaシリーズ抹茶入り玄米茶/健一自然農園

naradewaシリーズ初摘み烏龍茶/健一自然農園

鹿のフォルムが愛らしい、奈良の話に花咲くサブレ

奈良では万葉の時代から、神様の使いとされる神聖な鹿と人がともに暮らす特別な土地。まちじゅうで鹿をモチーフにしたおみやげが見つかりますが、誰もが喜ぶのが、しっかりとした歯ごたえを感じるように焼き上げた、さっくり食感のサブレ。お行儀よく座って、空を仰ぐようなフォルムがチャーミング。素朴で懐かしいおいしさはもちろんのこと、レトロなデザインの包み紙もファンが多い理由です。牛乳、日本茶、紅茶、コーヒーによく合うので、奈良の話をしながらひと花咲かせても。創業昭和30年、平城京跡近くのお菓子屋さんが作っています。

鹿サブレ/横田福栄堂

味も姿も気品ある、口溶けのよい干菓子

江戸時代創業の老舗が昔ながらの自然製法で作る、上品な甘さの干菓子。材料は讃岐産の和三盆糖のみ。そこに少量の水を加えて型に入れて丸め、一つずつ美しい和紙で包んでいます。菓名の通り、思わず笑みがこぼれるほど口溶けがよく、日本茶はもちろん、コーヒーにもよく合います。椿が描かれた丸い箱は、中身のお菓子を食べ終えたあとも宝箱にしたくなる愛らしさ。味も佇まいも気品があり、目上の方への手みやげや贈り物にも

微笑(椿/紫)/御菓子司 萬々堂通則

まるく結んだポップなそうめん

そうめん発祥の地・桜井市で、三輪そうめんを造り続けて300年の老舗の味は、細麺ながらコシがあって、歯切れが良く、ツルンと滑らかなのどごし。めんつゆは、かつお・さばからだしをとって旨味たっぷり。手頃なサイズと価格から、プチギフトとしても喜ばれます。

Somen pop(赤/白)/三輪山本